FC2ブログ

<ワクチン接種順番>

日本でもやっとコロナウイルスのワクチン接種が始まりました。
順番としてはまずは医療従事者370万人、続いて高齢者3600万人、そして基礎疾患のある人820万人と、200万人の高齢者施設従事者と言う順番が発表されています。

しかし急に医療従事者が100万人増えたとの事です。この100万人はどこから来たのでしょう?
そもそも令和2年の厚生労働白書によると医師、歯科医師、看護師、薬剤師、保健師、助産師、救急救命士、歯科衛生士、はりきゅう師まで含めても328万人にしかならないのです。それと比較したら約150万人増えた事になるのです。
また昨年11月の調査ではコロナ患者の受入実績なしと言う医療期間は81%です。
コロナに連日取り組んでくれている19%の医療従事者の方々には本当に感謝の気持ちしかありませんが、中には全くコロナには関係してない医療従事者も81%いる訳で、さらに150万人増えたのはなんなんでしょう?

またワクチン接種の順番も、無症状の感染者が多く、その人達が知らず知らずのうちに感染を広げてしまう20代30代を先に接種させた方が感染の広がりが抑えられるような気もします。
また都道府県についても、まずは感染者の多い東京等の地区を優先して、感染者の少ない県にはちょっと我慢してもらうとか出来ないもんなんでしょうか?
そうした事をちゃんと説明して国民に理解してもらい、最終的にいい結果を作るのが政治家の仕事ではないのでしょうか?
平等と言う変な制約のために結果としてダメな政策を作るのは正しいのでしょうか?

この100万人増えた問題についても、政府もマスコミもあまり追及していませんが、それこそ訳のわからない増えた医療従事者150万人を優先するなら、感染リスクが非常に高い中でも生活のために毎日仕事に向かう風俗嬢にでも分けて上げて欲しいと本当に思います。

<男女平等>

森喜朗会長の女性蔑視発言によって、世間ではやたらに男女平等を唱えるのが良識ある人間のようにとらえられていますが、男女平等は本当に可能なんでしょうか?
風俗好きの私からしたら、女性は大切な存在ですから女性を蔑視する人間は大嫌いです。特に風俗の世界では「所詮体で金を稼ぐ女」として風俗嬢を蔑視どころか軽蔑してる人も男女問わず多くいます。特に風俗嬢を軽蔑する女性は「男女平等」を唱えている人が多いような気がします。

本当に「男女平等」を唱えるのであれば、オリンピックの各競技も男女別に競うのではなく、一緒にやるべきではないでしょうか?

こう言うと「そもそも男と女は体力に差があるだから、別にして当たり前」と言うでしょう。
そう!!!そこなんです。
そもそも男と女は別の生き物だから、平等には出来ないんです。平等ではなく女性の地位向上と言うべきではないでしょうか?

これまで風俗嬢を蔑視してきた方々、これを機会に風俗嬢の地位向上も考えて上げるべきではないですか?それにはまず彼女達を軽蔑したり蔑視したりするのを止める事が第一歩です。

売春は人類最古のビジネスと言われてるように、この仕事は男にとっても女にとっても切っても切り離せない仕事であり、これだけ様々な環境の国や人がいても、全世界に存在してるビジネスなのですから、人間の醜い部分もちゃんと認め、風俗と言うのもちゃんとした一つの職業であると認識して上げて、そこで仕事をする彼女達も自分たちと同じ女性と認めて上げるべきではないでしょうか?

<コロナは神が人類に与えた罰なのか?>

今回のコロナ禍の背景には、人類が急激に発展を求め過ぎた事が大きく影響しているように感じます。

例えば、日本人の海外への出国数を見ると50年前の1970年には約66万人だったのが、1980年には約390万人になり、2000年には約1780万人となり、2020年には2000万人を超えました。
この50年で30倍以上になっているのです。日本ですらこのような状況ですので、それこそ中国やちょっと前まで発展途上国と言われてた国はこれどころじゃないはずです。
飛行機は大量のCo2を排出すると言われていますが、人類がこの50年で海外旅行等に行くようなったおかげでどれだけのCo2が排出されるようになったのでしょうか?

ウイルスが登場したのは30億年前と言われています。人類の祖先であるホモサピエンスが登場したのは250万年前、人類がウイルスを発見したのは電子顕微鏡が登場した85年前と言われていますが、もしも昔のように人々が他の国への往来が頻繁でなければ、コロナもある一定の国や場所で収まっていたのかも知れませんよね。
そう考えると人間がこの50年くらいの間に、楽な暮らしを求め経済を重要視して好き勝手に自然を破壊したりしてきた罰が神から与えられたとも感じます。

世界には5大宗教と言われるイスラム教、仏教、キリスト教、ユダヤ教、ヒンズー教の他にも数え切れないくらいの宗教が存在するようですが、どこかの神様が「コロナは神が与えた罰」と言ってると言うのは無宗教の私の耳には未だ届いていません。

世界最古の職業は売春であると言われてる風俗業界も今回のコロナ禍ではとんでもない大打撃を受けています。
風俗業界はこれまで様々な規制等をあらゆる知恵を絞りすり抜けて現在のような状態に発展しました。昔はある意味日陰の職業であり、地味に存在していた物がちょっとメジャーになり過ぎていたのかもと反省する面もあります。
しかし旅行業界とかと違う点は、基本的に風俗は国内産業なのです。一部の店では外国人を受け入れたり、外人を雇ったりしていますが、大半は日本人が日本人のためにやっている業種なのです。
最近ではついに店が女の子にPCRを受けさせると言う店舗や、自主的にPCRを受けてそれをブログで発表すると言う女の子が出現するようになったりしています。

一日も早くコロナに打ち勝ち、今回の反省も含めて地味に着実に存在出来る業界になってもらいたいと思う次第です。。

<エロ本がなくなる?>

オリンピックを前に日本を美しい国に見せるために様々な浄化作戦が取られてきました。
風俗はもちろん筆頭に上げられる業種の一つですが、エロ本もその一つのようです。
数年前まではコンビニの一番奥の方の棚には様々なエロ本が並んでいて、気楽にエロ本が手に入る世の中でしたが、2019年に主要コンビニが「成人向け雑誌販売取り止め」をきっかけに販路を失い絶滅の危機に陥っているのです。

風俗やエロ本を世の中の目立たない所に追いやっても、新たに地下に潜ったり、ネットに流れるだけではないでしょうか?

このやり方は平成3年に作られた「暴力団対策法」にも似ている気がします。この法律が施行され確かに暴力団の人数は当時9万人近くいた暴力団構成員は現在3万人を切り、1/3以下にまで減っています。
しかし裏腹に振り込め詐欺が多発するようになったり、半グレや海外マフィアと言う新たな集団が現れたりするようになりました。

日本の法律と言うのは恵まれた環境で育ち、まっとうな生き方しかしてこなかった人間達の狭い視野で作られているとしか思えない事が多すぎます。今こそ「遠山の金さん」のような政治家や役人が必要なのではないでしょうか?

是非次の選挙で投票する基準は「遠山の金さん」かどうか?に重点を置いてください。
そうなると90%以上は投票出来なくなっちゃそうな気がしますが(笑)。

<それでも彼女達は仕事に向かう…>

東京のコロナの感染者数はついに年末に1300人を超え、どこまでいくのか不安を抱えながら新年を迎えました。
コロナが問題となり始めた頃には、風俗関係者は助成金の対象外にする等の差別があったりもして、風俗業界には本当に厳しい1年になってしまいました。緊急事態宣言が出た当時よりは多少戻ってきてはいますが、この感染者の増加でまた厳しさが戻ってしまうのではと心配になります。
我々、客の立場からすれば、感染が心配ならば遊びに行かなければいい訳ですが、風俗で働きその収入が生活の大切な収入源となっている彼女達にとっては、心配だから行かないと言う訳にはいかず、毎日不安を抱えながら仕事に向かっているのです。
だから遊びに行く立場の人も、日頃はなるべく感染しないように気を付けるべきですし、万が一少しでも体調が変な時は慎むと言う事を心がけてください。

収入も減り、感染リスクを感じながらも仕事に行く彼女達に、今こそ思いやりを与えて上げてください。
そしてなるべく早く人類がコロナに打ち勝ち、「あんな時もあったね…」と話せる平和な日々が戻るように一人一人が頑張りましょう。