FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<宵越しの金を持たぬ・・・>

最近の若い人は「宵越しの金を持たぬ」なんて言葉聞いた事もないかもですね。これは江戸っ子がその日に稼いだ金をその日に使ってしまうと言う気風うの良さを表した言葉なんですが、下町生まれの私はこの言葉の潔さに憧れを持ったものでしたが、現在のような将来が不安だらけの世の中では、単なる無鉄砲と言うか、無責任にしか思われません。
当時の江戸には現在の銀行のような財産を預ける所もなく、また火事が多く一度火事に合うと必死に貯め込んだ財産も全て消失してしまうため、儲かったらそのお金を抱えて吉原に行って豪遊すると言う所からこの言葉が生まれたのでしょう。

将来不安から現在の日本人は貯蓄に熱心で、例えば何かの臨時収入で100万円が入ったとすると、アメリカ人とかは家族で旅行とかに行って100万円をパァ〜っと使ってしまう人がいっぱいいるそうですが、日本人は大半の人がその多くを貯蓄に回すようです。「宵越しの金を持たぬ」と言う粋な言葉は現代ではどうやら日本人ではなくアメリカ人に適してるようです(笑)。

お金は血液と同じで使うからこそ循環が良くなり経済も安定するけど、使わないと血行不良になり経済は停滞すると言いますが、日本人もお金持ちの人はさらにお金を増やそうと言う投資とかに熱心になるよりも、お金に困って風俗業界に足を踏み入れている女の子がいっぱいいる風俗でたくさんお金を落としてもらった方が経済も安定すると思いますので、是非「男のタイムサービス」で好みの女の子を見つけて遊びに行ってください。

<現代風俗嬢のお金事情・・・>

ちょっと前に「ブランド品が欲しいから」「海外旅行に行きたいから」「ホストに貢ぎたいから」とかの理由で風俗嬢になるアホな子が話題となっており、実際にそう言う子に何度も出くわしましたが、今でも中にはそう言う子もいるとは思いますが、当時と比べるとそう言うアホな子は激減しているように感じます。

昔は風俗業界に入る子と言うと生活が苦しいとか、借金があるとか何かの事情を持った子が多かったのですが、それが日本が裕福になったのか遊ぶ金欲しさと言う安易な理由で風俗を始める子が出てきたののでしょうね。

しかしここ最近の傾向を見てると、そう言うアホな子よりも切実に「生活が苦しいから週に数回出てる」とか「親が貧乏なので親に頼れないから」とか、中には「奨学金を返済するために」と言う子までいました。

また昔のような状況に逆戻りしてしまったように感じます。

この20年くらいの間で、いわゆる「勝ち組・負け組」がはっきりとして、負け組の人達は以前以上に生活が厳しくなっているのではないでしょうか?

政治家の皆さん、これが現在の日本の状況です。こんな状況でいいのでしょうか?
遊ぶ金欲しさに風俗嬢になるアホな子が多発するくらいの方がよっぽど日本にとってはいいのかもです。是非、生活苦のために嫌々風俗業界に入る子がいなくなるような世の中にしてください。

<風俗の是非をまじめに考える>

人類が一番最初に行ったビジネスは売春であると聞いた事があります。

それだけ女性がセックスの対価として金銭や物品を手に入れる行為は、男にとっても女にとっても切り離せない事なのではないでしょうか?

日本では遊郭の時代から赤線、青線の時代を経て、トルコ風呂(現ソープランド)の流れで、その間にどんどん取り締まる法律が厳しくなり、日本人ならではの素晴らしいアイデアと抜け道で現在のような合法であるにも関わらず様々な楽しみ方の出来る風俗に発展させました。

30年くらい前の風俗は20代や30代の性欲が盛んな若者が押し寄せる場所でしたが、最近では40代、50代の中高年が押し寄せる場所へと変化しています。若い男性の性欲が薄くなっていると言う事、それと結婚した当初は女房とセックスをしていても、しばらくすると女房とはしなくなるセックスレスの夫婦がたくさんいて、それを解消するために中高年が風俗に通うためでしょう。

風俗業界に大きな影響を与えていると言われているのが離婚率と未婚率なんですが、現代は3組に1組は離婚すると言われているので、離婚する人達がどんどん増えていると思われがちですが、統計的に見ると離婚率は大して変わらず、逆にやや減少している傾向にあります。しかし我々が離婚が増えていると感じるのは、昔と違って離婚を恥ずかしがらずに堂々と公表するようになったからではないでしょうか?

それに比べ深刻なのは未婚率です。50歳で結婚の経験が1度もない人の割合が1970年には男性1.7%

女性3.3%であったものが、45年後の2015年には男性23.4% 女性14.1%と急増しているのです。

男性で言うと約4人に1人はずっと独身のまま生活している事になります。40代〜50代の男性は日本に950万人以上いるようですので、200万人以上の男性が一度も結婚をせずに一生を送る事になります。これらの人にとっては風俗は切っても切り離せない存在なのではないでしょうか?

こうした流れを考えると昨今の「熟女ブーム」も納得が行きます。風俗を利用する客の年齢層が高くなり、そう言う人はあまり自分と年齢が離れていると会話もかみ合わないしつまらないと、自分に近い年齢の女性を求めるようになり、離婚等で生活が厳しくなった女性も「こんな年齢の自分でもまだまだ需要がある!」と堂々と風俗業界に足を踏み入れるようになったからです。

これらの事を考えると、いろんな事情等を抱えながらも必死に生きている人々にとって風俗と言うのは男性にとっても女性にとってもとても重要な業界なのです。

2020年東京オリンピックに向けて風俗業界に対する取り締まりが強化されるとの話を良く耳にしますが、オリンピックで海外からたくさんの外国人が来日し、そんな外国人にいい所を見せようとする事と、いろんな事情を抱えながらも必死に生きている日本人を守るのとどっちが大切なんでしょうか?

日本を作り上げる政治家や官僚の皆さん、是非上っ面だけで判断せずに、本当の日本を見つめ、弱い立場の人を救う国であるためには何をすべきかを考えてください。、

<男と女の違い>

一般的に女の子と知り合って初めてのエッチをする時、男は女の子に気に入ってもらおうと最初から自分が持ち合わせているテクニックを駆使して頑張ります。
しかし女の子は逆にテクニックをあまり披露してしまうと「こいつずいぶん遊んでるな!」と思われてしまうので、本気を出すのは3~5回とあとになってからが多いのです。

これが風俗の場合だと女の子もお客さんに気に入ってもらおうと初めての時から全力で向かってきます。だから風俗は楽しいのかもですね(笑)

よくあるパターンで風俗の子でも気に入って何度か入っていると、そのうち最初の頃よりかなり手を抜く感じになる時があります。これは男と同じパターンですね。
風俗の場合は飽きてきたら相手を変えればいいだけで、彼女や奥さんの場合はそう簡単に変えられないので、やはり風俗は気楽でいいですね。結婚もせず彼女も作らず遊びたくなったら風俗に行くという男性が増えるのは当たり前の気がします。

<大手グループが支配する地域はつまらない>

昔から神奈川茨城は大手のグループの力が強く影響していて風俗遊びをするにはつまらない地域と言われていました。

しかし、神奈川はこの10年くらいの間に個人店舗なども増え、大手と個人が乱立する競争の激しい地域となり、逆に興味深い地域へと発展しました。
一方、茨城は未だに大手グループの力が強く、以前は水戸の大工町や土浦という風俗ファンなら一度は訪れたいと思っていた所も衰退の色が濃く、話に出てくることも無くなってしまいました。
価格やサービスが安定している大手の店舗も魅力なのですが、やはり風俗という業種では安定だけではなく、多少不安ではあっても挑戦してみたくなるような店舗も必要なようです。

【男のタイムサービス】の登録店には大手グループの店舗はもちろん、チャレンジしてみたくなる個人店舗もたくさん登録されており、そうした店舗が連日<新着情報>割引等の案内をしていますので、どうぞ楽しそうなお店を見つけてトライしてみてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。